インプラント治療の費用は!?

インプラント治療は保険適用外となってしまうため、一般に治療費は高額になります。
そのため、歯が抜けてしまったけれどインプラントをするのをためらっているという人も多いのではないでしょうか。

しかし、高額な医療費がかかった場合には医療費控除と呼ばれる制度を利用することができ、納めた所得税のなかから一定の金額を還付してもらえます。
この医療費控除を利用した場合、所得が高いほど控除される税金の額も大きくなるので、インプラント治療にかかる費用を安く抑えることが出来るのです。

インプラント治療を受ける際の治療費はそれぞれの歯医者さんごとに異なっています。
それは、インプラント治療が保険適用外で自費診療となるため、医院ごとに治療費を自由に設定できるからです。
インプラント治療をする際にかかる費用は、大きく分けると手術費用と部品代、検査費用などに分かれます。

まず、検査代についてですが、これは診断料を含めると約1万5千円から5万円程度になっています。
インプラントを作るためには、顎骨や他の歯の形を正確に把握しておかなくてはいけませんが、その際にCTなどを使用した画像撮影が必要になるためです。
検査代はこの画像撮影の費用も含めた金額となります。

また、インプラントを埋め込む手術代としては、約10万円から35万円程度の金額がかかります。
この費用も歯医者さんによって異なるので、インプラント治療を受ける際には事前にどのくらいの治療費がかかるのかを確かめておいたほうが良いでしょう。

次に部品代ですが、部品代はインプラントのメーカーや人工歯の素材などによっても異なりますが、金額にはおおよその相場があります。
オールセラミックの人工歯の場合、一本あたりの値段は約10万円から15万円程度となっています。
メーカーによってはこれよりも安くて済むケースもありますが、インプラントのメーカーは後にメンテナンスを受ける際にも重要になってくるので、治療を受ける前にどのメーカーのものなのかもしっかりと確認しておくことが大切です。

医療費控除を受ける場合には、確定申告の際に領収書を添えて税務署に申告をします。
年間の医療費が10万円を超える、または所得が200万円未満の人は一年の所得の5%を超えている場合には、医療費控除を受けることができます。
この超過している分の5%から40%が、医療費控除によって所得税が還付される金額となります。

インプラント治療の総額は地域によっても異なりますが、一本あたりおよそ30万円から40万円ほどかかります。
そのため、ほぼすべてのケースでインプラント治療は医療費控除の対象となってくるのです。
また、メンテナンスにかかった費用や通院費なども、医療費控除の対象として含めることが可能です。