インプラント治療の費用は!?

ワインをちびちび飲むと酸蝕歯になる!?

歯を失う原因として思い浮かぶのは、虫歯や歯周病ではないでしょうか。
実はそれ以外にも酸蝕歯によって歯を失ってしまうことがあります。
酸蝕歯とは酸性が強い飲食物を口にすることで歯が溶け、薄くなったり脆くなってしまうことをいいます。
歯の表層はエナメル質で出来ており、内層は象牙質で出来ています。
口の中は酸性が強い状態が続くと、エナメル質からリン酸カルシウムの結晶が溶けるのです。

酸性の飲食物には、オレンジやミカンといった柑橘類、炭酸飲料、酢、スポーツドリンクなどがあります。
また、ワインも酸性が強いので、酸蝕歯を引き起こしてしまう飲み物です。
勿論、普段の食事で口にする程度では、歯が溶けることはありません。
唾液には酸性を中和してくれる働きがあるので、時間が経てば口の中は中性に戻るからです。

しかし、ワインをちびちび飲んだり、スポーツドリンクをいつも携帯してこまめに水分補給をしていたりすると、唾液による中和が追いつかずに酸性の状態が続いてしまうことがあります。
歯のエナメル質は痛みを感じることがないので、溶けだしても自覚症状が出ることはありません。
そのため酸蝕歯に気付かずに、進行してしまうことも多いのです。

酸蝕歯になると、象牙質がむき出しになるので知覚過敏になりやすくなります。
また、象牙質はエナメル質よりも酸に溶けやすいので、酸蝕歯が進むとますます歯が脆くなってしまいます。
それから虫歯は一部の歯にだけ起こりますが、酸蝕歯は口の中全体に起こります。
そのため虫歯よりも深刻な問題として、最近注目を集めるようになりました。
健康のために黒酢ドリンクを飲んでいたり、夏場の熱中症対策としてスポーツドリンクを飲むといった健康意識の高い人に起きやすいのも特徴です。
ワインもポリフェノールが豊富なので健康に良いと言われていますが、少しずつ時間をかけて飲むことが多い飲み物なので気を付ける必要があります。

酸蝕歯を予防するためには、食生活を見直す必要があります。
時間を決めて食事をし、だらだらと食べたり飲んだりしないことが大切です。
特に子供の場合にはスポーツドリンクやオレンジジュースなど酸性が強い飲み物を日常的に飲んでいる場合も多いので、酸蝕歯になるリスクをきちんと説明しきちんと飲み物をコントロールする必要があります。
麦茶や緑茶を飲むようにすると、酸蝕歯を防ぐことができます。
食事の後にはうがいをすることも酸蝕歯の予防になります。